2014/01/30

No Comment
就活生の相談シーズンなので、学生向けに書いてみます。

僕が学生の皆さんに偉そうにも何かアドバイスをするとすれば、「小さな挑戦を継続的にしつづけなさい」ということです。「挑戦する」ということについてのリテラシーを貯めておく必要があるのです。

「挑戦」と言うと、何か重たい、あるいはヒロイックなことのようなイメージがあるけれども、それが理由で「挑戦」に対して萎縮してしまうくらいなら、もっと軽く考えれば良いのです。

退路を確保したまま、たくさん挑戦してください。そんなのはカッコ良くもないかもしれない。でも、安全な環境下で成功したり失敗したりして「挑戦する」という行為の経験値を積んでおくのです。

「挑戦する」という事に対する経験値が浅いまま、退路を断った大きな挑戦をいきなりして失敗し、取り返しのつかないことになってしまう人は、大の大人でも、とても多いです。傷が深すぎれば、もはや新しい挑戦が出来なくなってしまいます。そしてまた経験値を溜める機会が失われます。

僕から言えば、このような挑戦は明らかに甘いです。後戻りができないような挑戦は、危険と機会とが両方見えていないなら、勝負に出てはいけない。

とても危険だなと思うのは、「一世一代の大勝負」のような挑戦ばかりが世の中で持てはやされていることです。確かに、大勝負に出て成功をつかみ取った事は、すごいし偉いことかもしれない。だけど、その人がその前にコツコツと地道に積み上げた成功と失敗は、注目されません。その注目されない部分が見えずに、自分も「一世一代の大勝負」に出たとしても、成功できる確率は低いでしょう。

小さな挑戦と言うのは、簡単なことです。

失ってもいいくらいのお金、失ってもいいくらいの時間と手間、失ってもいいくらいのプライドを賭けて、常に新しいこと、新しいやり方、新しい人との出会いを試すのです。これを続けていれば、自分の世界がどんどん開けてくるし、そうすれば自分は本当はどこに賭けるべきなのかも分かってくる。慣れてくれば、徐々に賭けるものも大きくしていけるでしょう。

慣れてもいないのに、あるいは賭けるべき場所も井の中の蛙程度しか知らないのに、失ってはいけないものを全部ひとところに賭けてしまうのは、危険だし、揶揄して言えば「残念な人」です。

勝負に出るのは勝負のやり方が分かってからで遅くない。そのために、小さな挑戦を繰り返して経験値を溜めてください。

0 comment :

コメントを投稿

 
Toggle Footer