2010/09/20

No Comment
Sadeのあまりに、あまりに「女性的」な曲が好きで、たぶんそういうところからボーヴォワールへの興味も湧いたんだろうなと思う。前も一曲、「no ordinary love」という曲を訳している。

ときに、ナサニエル・ホーソーンの『緋文字』を読んでいて、緋文字を焼き付けられた女プリンの子どもの名が「パール」という名前だということを知り、Sadeの「Pearl」を思い出す。この先読むのにこのイメージがつきまといそうである。

Sade / Pearl



ソマリアの女がいた
路傍で真珠を磨く女
自然をも超える力
それが彼女を生かしめていた
これは 
彼女がいかに
死んでいったかの物語
彼女は死ぬほどに生きていきたかった
彼女の信念が何であったかは分からないが
私はそれが勇気であったと思いたい

彼女は天上の国に向かって叫ぶ
私の心には石が沈んでいる
彼女は特に選んだのでもない
この生を生きる
それがおろしたての靴のように痛む

おろしたての靴のように痛む

ソマリアの女がいた
太陽は慈悲を彼女に賜わない
私たちにも同じの空が
彼女を骨まで焼き尽くす
午後に伸びる影のように長く
彼女を家に連れ戻そうと
一粒ずつよく磨かれた
彼女の小さな娘のための真珠

ハレルヤ
神に御栄えあれ

彼女は天上の国に向かって叫ぶ
私の心には石が沈んでいる
彼女は特に選んだのでもない
この生を生きる
それがおろしたての靴のように痛む
おろしたての靴のように痛む

There is a woman in Somalia
Scraping for pearls on the roadside
There's a force stronger than nature
Keeps her will alive
This is how she's dying
She's dying to survive
Don't know what she's made of
I would like to be that brave

She cries to the heaven above
There is a stone in my heart
She lives a life she didn't choose
And it hurts like brand-new shoes

Hurts like brand-new shoes

There is a woman in Somalia
The sun gives her no mercy
The same sky we lay under
Burns her to the bone
Long as afternoon shadows
It's gonna take her to get home
Each grain carefully wrapped up
Pearls for her little girl

Hallelujah
Hallelujah

She cries to the heaven above
There is a stone in my heart
She lives in a world she didn't choose
And it hurts like brand-new shoes
Hurts like brand-new shoes

0 comment :

コメントを投稿

 
Toggle Footer