2009/07/15
2009/07/08
no image

0

演劇評論は何のためにあるか?(1) 評論は何のためにあるか、という問いは、例えば小説は何のためにあるか、とか、映画は何のためにあるか、という問いよりも答えが出やすいようでいて、実は全然答えの見つからぬ問いであるように思われる。小説であるならば、それを読んだ人の楽しみのため、であ...

続きを読む »
2009/07/05
no image

0

1.欠勤記 目が覚める、というよりもそのまたもう一歩手前、目が覚めつつあるときに、夢、あるいは夢ではないのかもしれないけれども、眠りの向こう側の世界から持ってきた言葉を頭の中にハッキリと描くことがある。それを頭の中でハッキリと言うこと、それによって目が覚める。その日は最悪で、こ...

続きを読む »
 
Toggle Footer