2009/03/15

No Comment
このブログの数少ない読者である友人の一人が、自分もブログをはじめてみたいと言う。まず僕からすると、こんな堅いブログをわりと真面目に読んでいてくれることがありがたいことで、おそらく彼女は僕以外にもいろいろな人や友人のブログを読んで自分もやってみたいと思うに至ったのだろうけれども、その理由の一部になれたことは幸いなことだ。

ここまで僕がブログをやってみて思うのは、こうやって人目にさらされる場所に文を書くということは確実に勉強になる、ということだ。やはり、自分のノートやパソコンのファイルの中に文章を閉じ込めておくよりも、公のものとなっている方が、自分の文章を書くスタンスも違ってくるからだ。

彼女へのアドバイスだけれども、ブログの最初の投稿では、きばらないほうがいいと思う。と言うのは多分彼女と僕とは結構共通しているものがあると思うからこういうのだけれども、やっぱりブログと言うものをはじめてやるにあたって、いろいろと緊張してしまうものなのだ。だから、人生で初めて文章をネット上に公開するにあたって、初めての投稿なのだからといって仰々しく構えてしまう。それだから、こういうタイプの人はこれから自分はどんな感じでこのブログを書いていきたいのかという「宣言」を最初にしたらいいんじゃないか、なんて考えると思うのだ。

いや、あくまで彼女がそうするのだとは言えない。僕がそうだったからだ。最初にどういう投稿をするかで結構ウンウンと悩んだ。そうして考えていくといかにも「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり」的な仰々しい宣言で、自分で嫌になった。しかもこの宣言は、嘘だ。だいたい、宣言というものは自分を縛るものだ。宣言をしておいてそういうブログを作っていけないと、まずは自分に嘘をつくことになる。そして嘘をついていることが自分で嫌になる。ブログを最初にやるのならば、そんな感じで自分を縛って、結局自分が嫌になってしまうのは損だと思うのだ。結局そういう縛りは「とまれかうまれとくやりてん(どっちみちこんなものはとっとと破いちゃおう)」にオチがあるような気がする。土佐日記が好きじゃないのはこのオチで、自分で書いといて自分で嫌になって破いちゃえ(しかも破かなかった)、なんて中二で卒業しようよ貫之くん、と僕は思ったのだった。

だから、僕はブログをはじめるにあたって、宣言をしなかった。はじめての投稿は、5回目の投稿くらいの気分でやった。大阪の橋本知事のことをぬるりと書いた。書きたかったから書いた。そんなものでいいのだと思う。きばらないから今でも続けていられるのだから。

それよりもブログをはじめるのだったら気にした方がいいと思うのは、どこでブログを書くかだと思う。というのは、多分僕とタメで京大生のiammgさんが書いているのだけれども、ブログをどこで書くかはそれ自体がどういう思想や考え方をもってそのブログを書くかの表明になっていると思うからだ。iammgさんによると、人との繋がりを重視した有機体としてのブログと、コミュニティを重視しない機能体としてのブログがある。有機体としてのブログは、はてなやアメブロ。機能体としてのブログにはFC2やSeesaaブログやLivedoorブログが入る。有機体としてのブログは、日本ぽい世間をネット上に構築している感じで、機能体としてのブログは西欧の個人主義なんだそうだ。で、iammgさんからするとアメブロはスイーツ(笑)認定なんだそうな。

僕がやっているBloggerは日本のサービスではない上に、日本ではそんなにユーザーがいない、しかも日本のブログサービスでは当たり前のトラックバック機能もない、と三つそろって来ているから、まさに個人主義の最右翼みたいなところだ。実際、これは自覚の上でBloggerで書いているので、まあ僕にとってはいいのです。僕を知っている人ならば僕が個人主義の最右翼みたいな人間であることも知っているはずだし、大学での専攻もまさに「西欧」だし。ちなみに僕の卒論のテーマは実存主義です(笑)。

まあ、そんなこんなで絶対にどこで書くかということは「どう読まれるか」に影響を及ぼすはずだ。しかもどう読まれるかによってブログは変わっていくとするならば、それは巡って「どう自分が書いていくか」にも影響を及ぼさずにはいないはずだ。そもそも、愛着がないとブログは続けられない。とするならば、納得のいくところでブログを書く必要があるし、お引越しをしたくないならば、それは最初にしか選択できないのだ。

かく言う僕は相当時間をかけてどこでブログを書くかを調べ上げたのだった。もちろんコミュニティ志向かどうかを調べ、そのほかブログパーツの使い勝手、デザインの幅、カスタマイズの幅、広告の有無、URLがどんな風になるか、果ては読まないものの定番である(笑)利用規約まで読み込んだのだった。

それで結局、日本のレンタルブログ界における個人主義の極北の地までたどり着いたわけだが、もちろんこれは僕だからここにたどり着いたわけで、おそらく大概の人にはBloggerはおすすめしない。あんまりコミュニティを意識しない人ならばそれはそれで、FC2とかライブドアとか、日本でもメジャーなサービスを使えばいいのだと思う。Bloggerは日本だとあまり人気がないので、情報源が限られており、より多く情報を得ようとしたら英語ソースになってしまうのだ。実はそれも含めて僕は楽しんでいるだが、このブログに施されたカスタマイズも英語ソースから取ってきたものがあるので、そういう物好きをやってみたい人じゃないとおすすめ出来ない。ただ、その分やってみようと思えば、日本でメジャーなほかのサービスに比べて結構カスタマイズの幅はあると思う。

あと、Bloggerは広告がない。ブログにも広告がつかないし、管理画面にも広告はない。オレのブログなんじゃ勝手に人様の広告つけるな、という僕のような人間にはやっぱり向いているのだ。

嗚呼やっぱり個人主義。

0 comment :

コメントを投稿

 
Toggle Footer