2008/12/23

No Comment
2008年、早稲田大学テーマカレッジ越境する想像力というゼミ活動の中で、有志を募り、高校生ゼミというものを企画しました。夏休みのオープンキャンパスで、高校生たちに自分達が日々楽しんでいる「ゼミ」を体験してもらおうという企画でした。僕はその発案者であり、「CBIプロジェクトチーム」という有志団体をつくって企画を引っ張ったリーダーでもあります。単なる一授業で出会った過ぎない人の集まりが、企画というものを通じてあたかもその時だけはサークルのように一丸となって力を発揮したり、ただ完全にサークルではない限りで、やっぱりいつものゼミのようにまったりしていたり……という特殊な集団を動かすのは本当に楽しい経験でした。僕はこの経験から学んだことがたくさんあります。それを「CBI Leader's Note」としておこがましくも纏めたので、公開します。内容としては、リーダーシップ論から、アイデア術、会議の動かし方などに渡ります。ただ、あふれるビジネス書の受け売りにはせずに、僕がCBIをやっていて肌身で感じたことのみをここには書こうと思います。僕の経験の整理のためにも書いたものですが、大学生であるみんなにとっては、就職活動、そして将来の仕事にも参考になるものが含まれているものと思います。次にリーダーとなる人、リーダーを目指す人、将来働く人すべてにこれを捧げます。

■会議術
リアルな会議とバーチャルな会議
必ず議長の席を取れ
目的あっての会議
「案を検討する会議」と「案を生み出す会議」は区別せよ
会議はアクションを起こすための手段

■アイデア術
考え続けるとひらめく

■心得編
欲望を持とう
ワクワクさせよう
欲望に対して責任を持つ
「仲間」をつくる 2009.2.22UP

■雑記
リーダーシップとは暴力である

0 comment :

コメントを投稿

 
Toggle Footer