2008/12/23

No Comment
会議が盛り上がって、終える頃には疲れ果てていることもしばしばかもしれません。僕たちの会議でも文カフェから追い出されるまでやってヘロヘロになったこともありました。しかし結局のところ、この会議を通してこの後どうすればいいのかを確認しないと、せっかくの会議が「ただの盛り上がったモノ」に終わってしまう可能性があります。「議論をする場」「決を取る場」と考えるよりも、会議は「アクションを起こすための手段」と心得えてください。アクションを起こすためには、絶対に「誰が」「何を」「いつまでに」やるのかの具体的な確認が必要です。これが会議の終着点である、ということを心に焼き付けてください。なので、会議中もこの終着点=「成果」のイメージを持っていると舵取りがしやすくなります。

成果のイメージ
×何某企画のコンテンツについて議論をした。←曖昧
○何某企画のコンテンツのテーマの決定、長さの決定、難易度の決定、担当者の決定
○何某企画のビラのラフイメージの完成

0 comment :

コメントを投稿

 
Toggle Footer