2008/12/23

No Comment
ここから先は、リアルな場においての会議について述べます。リーダーは、必ず会議において議長の席を取るべきです。これには、二つの意味があります。すなわち、空間的な意味での「議長の席」と、役割的な意味での「議長の席」です。リーダーは、会議において、この二つの意味で議長の席を占めなければいけません。

■空間的な意味

CBIでは、文学部カフェテリアやサイゼリヤなど会議室ではないスペースで、時にはなにか飲食をしながら会議をすることがしばしばあります。なので、やり方によっては、「会議」という態度が曖昧になることもあるし、席順も適当になりがちです。しかしリーダーは、必ず席順という空間的な意味でも「議長席」を取っている必要があります。リーダーが端っこに座っていたのでは、サマにならないし、議論を取り仕切る上でも、周りの人を見渡す必要がある以上、真ん中に位置して座っていることが大切です。

■役割的な意味

リーダーは、議論のリーダーシップをとらなくてはなりません。会議の主導権は自分が握るのだ、という自覚を持つことが重要です。CBIには有能な人も多く、その分たくさんの意見をつぎつぎと出してきます。「血気盛んな」人間も多いですね(笑)。そうした人は、アイデアや意見をたくさん出してくれるという意味で、議論には絶対に有益な人間なのですが、ただ発言をそのままにしているだけでは、議論がどんどん混乱したものになっていく恐れがあります。その意味で、会議には絶対に「議長」が必要です。「血気盛んな」メンバーを抑え、うまく議論をコントロールし、時には対立軸を設定し、時には意見をまとめ、結論(アクション。後述)へと導く人間が必要なのです。リーダーは、その役割を引き受けるのだ、という自覚をすることが大切です。議長はいわば会議の軸です。「会議の軸」は、うかうかしていると、他の人がやってしまいます。そうすると、実質的な軸と、議長と言う建前の軸、という複数の軸が生れることになってしまいます。会議に複数の軸があると、議論は混乱するのは目に見えています。自分が唯一の軸になるのだという自覚を持つことが大切です。

0 comment :

コメントを投稿

 
Toggle Footer