2008/12/23

No Comment
とりあえず、なにもしないのもよくないから会議を開こう、という姿勢はさすがにもうCBIのみんなは取らないと思います(笑)。でも、会議をして何か成果がでるかどうか、というのは実は怪しいものです。会議で成果を得るためには、会議「中」が重要と言うよりも、リーダーが「事前」にどれだけ仕込めているか、ということが重要な気がします。会議は目的あってのものです。では、目的のためにどれだけ仕込んでおけばいいのでしょう。

■アジェンダを具体的に決めておく

アジェンダとは、議題のことです。会議を招集する前に、アジェンダを決めておくことが大切です。アジェンダがしっかりと定まっていると、会議を招集される側としても、今日は何のことを議論するのだ、とはっきりするから参加しやすいからです。アジェンダは、具体的であればあるほど良いものと言えます。


△何某企画のコンテンツについて議論
○何某企画のコンテンツのテーマ、長さ、難易度、担当者を決める

■会議の目的を決めておく

アジェンダをしっかりと具体的に決めておくことにもつながっているのですが、会議の目的を事前にはっきりとさせておくことが大切です。何のために会議をやるのか。何を決めるために会議をやるのか。どんなアクションをこれから起こすために、会議をやるのか。「目的意識」のない会議はダメな会議です。

これらを忘れないために、リーダーが会議のためのレジメをつくるというのも一案でしょう。僕も何回かレジメを作って、話がそれないように、目的から脱線しないように試みました。参加者の手のなかにペーパーがあるというのは、参加者がそれを「議論に参加しないための逃げ場」(例えば、必要以上に目を落としたり。)として使わない限り、いいことと言えます。レジメは、逃げ場ではなくて、会議が逸れ始めたときもとに戻るための「ホームベース」です。

0 comment :

コメントを投稿

 
Toggle Footer