2008/12/23

No Comment
リーダーたるものは、「欲望」を持つべきです。自分の引っ張る企画に対しての欲が必要です。リーダーシップ論では、「志」を持つべきだとか、「夢」を持つべきだという言い回しも良くあります。もちろんこうした「きれいな」ものも持つべきだとは思いますが、僕はあえてここで「欲望を持つべきだ」という「どぎつい」言葉を選んで言います。高校生ゼミをやりたいと思ったときの僕の気持ちは、正直に言って僕の「志」の高さでもなく、「夢」でもなく、ただこの企画を実現させたいという「欲望」でした。

もちろん、この「欲望」という言葉を曲解して変な方向性に企画をもっていってはなりません。分類的に言うとするならば、「欲望」には「私欲」と「公欲」がある、と言えるでしょう。「公欲」は造語ですが、企画を動かすメンバー、あるいはもっと大きなものに思いを馳せて「社会」や「世の中」に対して貢献したいという欲望という意味を込めています。いわゆる「志の高さ」がこれに値するのでしょうか。
僕がここで言いたいのは、企画を動かす上での「欲」は、「公欲」だけではダメだということです。ただ他人に貢献したい、社会に貢献したいというだけのモチベーションで企画を動かせるなどというきれいごとを僕は信じられません。「私欲」という「自分本位」な欲望から目をそらさないことです。大切なのは、「私欲」と「公欲」のバランスが取れていることです。換言すれば、リーダーに持っていて欲しい感覚とは、「公欲」を持ちつつ、その中でうまく「私欲」をも実現していく巧妙さ、そして企画が「私欲」から出発していても「公欲」をも満たすものに企画をデザイニングしていくバランス感覚です。

0 comment :

コメントを投稿

 
Toggle Footer