2008/12/30

No Comment
雑誌「STUDIO VOICE」に寄稿した東京デスロックの紹介文は、多分に僕の演劇論を含んでいる。それは東京デスロックという団体の演劇が、演劇というものの枠自体を批判的に検討するものだからで、そういうわけだから文の射程は単に彼らのやる演劇の「中身」にとどまらず、それの「外枠」にまで延びざるを得ない。あの短い文の中にまどろっこしいもの、そしてやや陰鬱なものがあるとするならば、それは僕の血を込めた演劇論があるからだ。格好をつけて言うならば、僕は、演劇とは舞台上で進行している一つの「L'événement(事件)」であり、観劇とはその事件を「いま‐ここ」で目撃する「体験」であると信じている。「体験」である以上、それは個々の人間によって捉え方が違う。どうそれを体験するか、という選択肢は全く開かれており、決まった「この劇の観方」なんてものはないと思っている。だから、演劇論を語るときには常に僕は「僕の」体験をもとにしか語れないし、例えそれが(僕、そして読者にとって)陰鬱であったとしても、「僕の」演劇論を語るしかないのだ。少なくとも僕にとっては、プラスチックみたいな、きれいな色をしていて香りのない「普遍的な」演劇論はありえない。たとえそれが汚らわしい血の色をしていても、むしゃくしゃするような気持ちの悪さを抱えていても、どろどろとした欲望が垣間見えても、僕には「僕の」演劇論しか手持ちがないのだ。

「STUDIO VOICE」に書いた文が少し陰鬱かもしれないのは、まさにそんな理由で、特に言うと僕の「観劇」というものに対する「欲望」をそこに書いたからだ。おそらくは他の人々の持たない、あるいは例え持っていたとしても言わないで黙っているのが賢明な種類の、赤茶けた色をした貪欲さを僕は文に吐き出したつもりだ。僕は劇場という場で、あらゆる「観る欲望」を開いている。僕は劇場で貪欲だ。観たいという欲望をより開いてくれる演劇が面白い演劇だとも思っている。しかも、僕にとっては観劇というものは、舞台上のことだけではないのだ。これが、おそらくは言うのが世間的には憚られることだけれども、僕は他の客をも「観ている」。同じ劇を観にきたというだけという他人行儀、しかし1時間半くらいは確実に目の前で同じものを観るということで曖昧に、緩やかにつながれている関係性をも僕は「観る」し、消費する。他の客の顔を見るし、声を聴く。劇が終わったあとの、客の喋り始める瞬間を、退場の時間を楽しむ。いったいそこの二人組の客は一言目に何を言うか。アンケートを真面目に書くか、書かないか。つまらなかったから適当な話題で濁すのか。それとも感想か評論かわからないものをぶち始めるか。僕にとって演劇が楽しい一つの理由は、それが「その場」で起こる出来事だからこそ、客というものもその「出来事」の中に含まれる事象だということだ。雑誌の記事では、簡単に言ってしまえば、突然流れ始めた耳をつんざくような爆音の音楽に、耐え難い、といわんばかりに一瞬で「不快」を示す顔をした別の客を、僕は観ていた=観ていたかったということを書いたのだが、こういうことなのだ。僕はその婦人を、「観た」し、自分の欲望の対象として「消費」した。僕にとって演劇とはそういう自分のちょっと残虐な欲望をさらけ出す装置なのだ。

0 comment :

コメントを投稿

 
Toggle Footer