2008/12/30
no image

0

もうちょっと前になってしまったけれども、青☆組の公演、「雨と猫といくつかの嘘」を観にいった。青☆組の公演は2回目だ。脚本・演出家の吉田小夏さんはとても可愛らしい女性で、開演前の客席誘導を自分でやっている。しかもとてもマメだ。演出家が自分で客席誘導をやるところはあんまりないと思うの...

続きを読む »
no image

0

雑誌「STUDIO VOICE」に寄稿した東京デスロックの紹介文は、多分に僕の演劇論を含んでいる。それは東京デスロックという団体の演劇が、演劇というものの枠自体を批判的に検討するものだからで、そういうわけだから文の射程は単に彼らのやる演劇の「中身」にとどまらず、それの「外枠」にま...

続きを読む »
2008/12/25
no image

0

妹に付き合い、映画「WALL・E/ウォーリー」を観る。ここ数年、こういう「大体の映画館でやっている映画」は、妹と付き合ってしか観ていない。というわけでめったにこういったものは観ないのだが、それでもちょぼちょぼと観ると、やっぱり面白いものはベタに楽しんでくる。 WALL・Eはディ...

続きを読む »
2008/12/23
no image

0

ブログリニューアルしました。いままでの「子ども」なテンプレートもかなり気に入っていたのですが、この度思いっきり大人っぽいテンプレートにしてみました。もう卒業なんだし...。 卒業までの時間がかなり余っているのもあって、最近創作意欲が旺盛です。このブログでもいろいろ書きたいことが...

続きを読む »
no image

0

2008年、早稲田大学テーマカレッジ越境する想像力というゼミ活動の中で、有志を募り、高校生ゼミというものを企画しました。夏休みのオープンキャンパスで、高校生たちに自分達が日々楽しんでいる「ゼミ」を体験してもらおうという企画でした。僕はその発案者であり、「CBIプロジェクトチーム」...

続きを読む »
no image

0

実は 前のエントリでも書いた ことですが、僕は性格的にいわゆる血気盛んな起業家タイプではありません。「大学在学中に、起業しました」なんてこともないし、「就職しても5年以内に絶対に独立してやります」なんて発想もしません。明らかに偏見の入った言い方ですが、僕が回った人材業界、特にベン...

続きを読む »
no image

0

欲望には私欲と公欲があるとしても、僕は究極的には「自分がリーダーとなって」企画を動かしていく原動力は私欲だと思っています。「自分が」思いついた企画であり、「自分が」やりたい企画をするのだからです。その私欲を否定しない代わりに、その私欲について責任を持って企画を運営するべきだと思い...

続きを読む »
no image

0

思わず、「面白そう!」「やってみたい!」と思わせてしまったらこちらのものです。高校生ゼミを提案したときに、これを非常に感じました。この企画で働いたら面白そうだ、と人に思ってもらえることは、メンバーを募集するときから必要ですし、そう思ってもらうことが後に企画を動かしていくときにも大...

続きを読む »
no image

0

リーダーたるものは、「欲望」を持つべきです。自分の引っ張る企画に対しての欲が必要です。リーダーシップ論では、「志」を持つべきだとか、「夢」を持つべきだという言い回しも良くあります。もちろんこうした「きれいな」ものも持つべきだとは思いますが、僕はあえてここで「欲望を持つべきだ」とい...

続きを読む »
no image

0

「なまえペン」は油性マーカーとして有名ですね。小学生の時に、物に名前を書くときに使った人も多いかと思います。僕もよく使いました。プロジェクトXよりは感動できない書き方で、「なまえペン」発明秘話に即してアイデア術を説明します。 「なまえペン」の開発者は、このペンの「ペン先」の開...

続きを読む »
no image

0

会議が盛り上がって、終える頃には疲れ果てていることもしばしばかもしれません。僕たちの会議でも文カフェから追い出されるまでやってヘロヘロになったこともありました。しかし結局のところ、この会議を通してこの後どうすればいいのかを確認しないと、せっかくの会議が「ただの盛り上がったモノ」に...

続きを読む »
no image

0

案を練るために会議を利用することもあるかもしれませんが、これには注意が必要です。以下に、これを「0からアイデアをつくる会議」と「1からアイデアを10にする会議」という区別で説明します。 ■「0からアイデアをつくる会議」 何の材料、何の用意もないところからアイデアをつくる会議で...

続きを読む »
no image

0

とりあえず、なにもしないのもよくないから会議を開こう、という姿勢はさすがにもうCBIのみんなは取らないと思います(笑)。でも、会議をして何か成果がでるかどうか、というのは実は怪しいものです。会議で成果を得るためには、会議「中」が重要と言うよりも、リーダーが「事前」にどれだけ仕込め...

続きを読む »
no image

0

ここから先は、リアルな場においての会議について述べます。リーダーは、必ず会議において議長の席を取るべきです。これには、二つの意味があります。すなわち、空間的な意味での「議長の席」と、役割的な意味での「議長の席」です。リーダーは、会議において、この二つの意味で議長の席を占めなければ...

続きを読む »
no image

0

最初から分かっていたわけではありませんが、初代長老Tさんが導入したGoogle groupはCBIでの企画運営に多大な飛躍をもたらしました。これ以来、CBIでは企画の運営にGoogle groupを利用しています。飛躍、というのは、「リアル」な場=「会議」と「バーチャル」な場=「...

続きを読む »
2008/12/19
no image

0

一週間前。12月12日金曜日。徹夜明け。家をでる。このような日に限って自転車の鍵が見当たらない。相当苛ついていて怒鳴り散らしてしまう。大学に向かう途中からひどい気持ちと後悔がこみあがる。こんなにひどい文章を提出するのは気が滅入った。PCルームにて「成果」を印刷する。もう文の中身は...

続きを読む »
2008/12/09
no image

0

英語の辞書はネット上に山とあるのに、フランス語の辞書は見つけるのも一苦労です。フランス語学習者にとってため息の洩れることです。 はあ、電子辞書も持っているけれど今日は忘れちゃったし紙の辞書も電子辞書に慣れちゃった今、なんかめんどくさいなあ。だいたい先生こんなに山ほど和訳の宿題出...

続きを読む »
2008/12/08
2008/12/07
2008/12/06
no image

0

三日連続で夕飯が吉野家だった。同じ店、同じ席の。外は寒くなった。マフラーをつけるのも面倒になってつけなかったら相当寒くて凍えた。もはや滑稽なものにすら感じる牛丼のなかに割箸をぶちこんで、俺は考えた。俺は若い。 昔書いた小説のなかで俺は、「十九歳の夏」のことを「もはや絶望とこの世...

続きを読む »
2008/12/04
no image

0

やっぱり、僕にとって「文章を書く」と言うことは、身も心も削りとって魂を込めてする行為なのだな、と痛感した。昔から文章を書くということについて、そういうスタンスで臨んできた。今卒論という文章に当たっているけれど、これほど纏まった文章に対峙するに、僕はやっぱり適当な、当たり障りのない...

続きを読む »
2008/12/01
 
Toggle Footer